DSC_9597_01.JPG

KATSUMESHI’S

STORY

戦後間もないころから兵庫県加古川市で食べらている加古川かつめし。

洋皿にごはん、牛モモを薄く叩いて伸ばした牛カツ、甘めのデミグラス風のたれ、付け合わせにボイルキャベツが定番。

JR加古川駅前商店街で生まれ、喫茶店を中心に普及し、今では市内で150以上の提供店があります。

​加古川市内では、学校給食やスーパーでも提供され、大手ハンバーガーチェーンやお菓子とのコラボも​行われています。

たれヘッダー2

USHIKUN'S STORY

USHIKUN’S

STORY

2016年にJR姫路駅構内にオープン。

姫路市内では、初めての加古川かつめし専門店。

世界遺産「姫路城」に向かう交通の要所という

こともあり、国内の方はもちろん、世界中の

お客様に加古川かつめしを楽しんでいただいています。

店内では、加古川の観光情報なども掲示しています。

31681411_1745038542227879_25220662013586
IMG_75312
IMG_75312

press to zoom
IMG_75312
IMG_75312

press to zoom
1/1

message

弊社では、ご当地グルメを通じた地域振興、活性化を目的にうしくんの加古川かつめし亭をオープンしました。

 

お客様やつながる皆様、協力企業様、また弊社スタッフが当店を通じて、加古川市へのふるさと意識が醸成されるよう日々精進致しますので、宜しくお願い致します。

株式会社クズナズン

代表取締役 社長

署名.png